Well come !! 




私たちは北海道恵庭市のカトリック教会です。

We are the Catholic Church of Eniwa City.

キリスト教、カトリック教会に関心のある方。

また興味のある方は気軽にご相談ください。

信徒、司祭が丁寧に伺います

Please feel free to contact us.



 佐久間 力神父様のお言葉    2022727日(

殉教者に思う

 はじめて「大千軒岳」の巡礼登山とミサに参加しました106名の「名もなき殉教者たちは、ある者は捕らえられ、ある者は自らキリシタンだと名乗り出て、処刑されるという結末を迎えたと伝えられています。殉教したことまでは分かっているものの、いったいどこの誰が刑に処されたのまでは、記録が発見されておらず、名もなき殉教者と呼ばれます。現代を生きるわたしたちは、この先人の生きざまに励まされて、その勇気と固い信仰とを讃えて、彼らを「殉教者」と呼びます。わたし自身も、パウロ三木という聖人の霊名をいただいており、殉教者の生き方に、今の自分を照らして、自らの姿勢を正したくなる畏敬を感じます。自分自身がその時代、その瞬間に生きていたら、彼らのような勇気ある殉教ができたかどうか。もし、司祭として生きていたなら殉教しようとしている信徒にどんな言葉をかけるだろうか、そんなことを考えます。「死んでも生きる大丈夫。張り切って死んで来い」などとは決して言えないでしょうね。きっと「やめなさい、イエス様は怒んないから」と言ったに違いない

殉教者を思うときに考えますが、わたし自身子供のころは、殉教者を讃える記念日に、なんとなく違和感を感じていました。「誰かのために、命を懸ける」ことの素晴らしさは分かります。誰かをかばって、代わりに犠牲となるという死にざまは、何よりも格好いいと思いますし、自分もそんな死ににちょっぴり憧れます。しかし、この世界の誰のためでもなく「神様のために」あるいは、「信仰を守るために」命を懸けるということには、なんとなく違和感を感じていたんです。殉教を賛美するたびに「別に僕が死ななくても、神様は死なないじゃないか」というひねくれた考えを持っていたんです。

疑問に感じたわたしは、堅信を受けるときに、自分の聖人パウロ三木について調べました。すると、彼は死に際まで、十字架上で周りの人々に説教をしていたといいます。彼は言いました「みずからの死に際してまで、一切の嘘は言わない。救いのためにはキリシタンになる以外に道はない(要約)」と。わたしはこの言葉と、その最後まで自分を殺そうとしている人たちだけでなく、周りで刑を見物している人たちのために「生きた言葉」を語る姿を思い浮かべ、納得し、「自分の霊名はパウロ三木だけでいい」と心に決めました。

わたしは思います。「イエス様や天の父である神様は、殉教を喜んでおられるのだろうか。いや、そうではないきっと何よりも悲しんでおられる。一緒に苦しんでくださっている。決して殉教することを望んでおられるはずがない。しかし、その反面、「殉教に臨むその心の在りようは喜ばれるに違ない」ともいます

たとえ自分に小さな子供がいて、その子のために大好きなプリンを買ってきたとします。「大好きなプリンだよ、食べなさい」とプリン渡しましたが、ふと見るとそばでお友達がそのプリンを見て食べたそうにしている。するとうちの子は「あげる」とその子に渡してしまった。そんなとき親として、その行動をどう思うでしょうか。「なにせっかくあげたプリンをほかの子に渡してんだよ」と怒るでしょうか。そんなことはないでしょう。きっとその子のことを誇りに思って、喜びがあふれます。親としての望みは、その子に大好きなプリンを味わって喜んでもらうことだったし、プリンを味わえない苦しみを感じて欲しいなどとはみじんも思ってない。けれども友達を思うその行動には、子供持つ大きな愛情や心の成長を見て大きな喜びを感じるし、の後その子にはプリン以上のご褒美与えたくなるに違いありません

神様の思いも、きっと同じであると思います。十字架上のイエスを見ていた時も、時代の中で殉教していった人々を見ていた時も、きっと悲しみながら、ともに苦しんでいたでしょう。しかし、その先にもっと大きな喜びや、永遠の命を用意してくださることを信じることができるからこそ、わたしたちは励まされ、信仰を強くすることができます。今の苦しい時代の中にも、殉教者の生き方に励まされて、神様の愛に応えて生きる力をいただくことができるように、祈ってまいりましょう。          

 

住所 address

〒061-1417 北海道恵庭市駒場町5丁目3−5

 5-3-5 komaba Eniwa Hokkaido japan.


電話番号 Phone number 0123-33-4572

 メール E-MAIL catholiceniwa@gmail.com

 

JR恵庭駅より車で7分 minutes  car from Eniwa Station

英語のサポートがあります We have English support.

 Sunday Mass 主日のミサ(日)AM 8:45

   



8月予定 schedule of August

 
 

        

会議・部会等

備   考

 

10:00~ ミサ

ミサ後 勉強会

 

 

 

 

年間第19主日

8:45~ ミサ

ミサ後

チョーさんお別れ会

 

14

 

 

年間第20主日

8:45~ ミサ

 

 

15

 

 

祭日 聖母の被昇天

8:45~ ミサ

 

 

17

ミサ後 勉強会 → お休み

 

 

環境整備の日 9:00~

 

 

年間第21主日

8:45~ ミサ

 

 

27

 

運営委員会 9:00~

 

28

年間第22主日

8:45~ ミサ

 

 

月の行事と活動

 

お知らせ・お願い・留意点

対策を十分にしての合同ミサですしかしながら、参加にたっては決して無理をなさらないようお願いします。

メール E-MAIL

メモ: * は入力必須項目です